2021.12.22 健康寿命と平均寿命

健康寿命とは、健康上の問題がなく日常生活を送れる年齢で、WHOが提唱した新しい指標です。

令和2年度版厚生労総白書によると、2019年平均寿命は女性約87歳、男性約81歳となり、そろそろ横ばいの感じになっています。

一方、健康寿命は、女性約75歳、男性72歳となっており、差は女性12年、男性9年とあまり変化がないように見えます。

健康寿命をのばすためにはさまざまなことが言われていますが、OMRONから「7つの習慣」とまとめられています。生活習慣病をなくすことに主眼が置かれています。

 1.生活習慣病を知って予防しよう

 2.適切な食生活を目指そう

   主食、主菜、副菜をバランスよく

 3.適度な運動をしよう

   65歳以上は、強度を問わず、毎日40分の身体活動が適切だそうです

 4.十分な睡眠をとろう

 5.禁煙しよう

 6.お酒と上手につきあおう

   厚生労働省は、適度な飲酒量を、1日平均純アルコールで20g程度

(ビール中瓶1本、日本酒1合、チューハイ350ml缶1本、ウイスキーダブル1杯)としています

 7.歯・口腔の健康を守ろう

   毎日の歯磨きと定期的な歯石除去を進めています。

 7つだと何となく付き合えそうです。

参考

令和2年度版厚生労働白書 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/index.html

平均寿命と健康寿命  厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/kousei/19/backdata/01-01-02-06.html

健康寿命をのばす「7つの習慣」 OMRON 

https://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/187.html