2020.2.2  不動産テック 管理業務支援

不動産テックとして管理業務支援とされているサービスの主な内容は、不動産や顧客の情報の管理・運用の一元化・効率化を支援するサービスやシステムで、どちらかと言えば管理側の情報を共有化することで管理にかかる業務のムダを削減することを目的としているようです。

その中で企業向けのサービス(B to B)のサービスは、不動産基本情報の一元管理、賃貸借契約情報の管理やアラート機能、図面・謄本・改修内容の一元管理、入出金管理、予実管理などがあります。

また、改修やリフォームの現場の情報をデータベース化して、現場や出先でもスマホやタブレットで管理・運用できたり、施主と施工管理状況の共有するアプリもあります。

一方、消費者向けビジネス(B to C)では、入居者管理システムがあます。入居時の説明資料の一元管理、天気・チラシ・クーポンなどの提供ができたり、イベント開催などのお知らせができたりします。退去者の口コミなども利用して、管理側で物件を差別化しようとする試みの1つと言えます。

また、今後の需要が見込まれる民泊の予約客への返信や見込み客へのメッセージの自動化や効率化するなどのサービスもあります。