2020.2.10 不動産テック VR・AR・MR(xR )

VR・AR・MRの領域は、ゲーム業界が早くから着手しています。これらの総称は、「xR(X-Reality)」と言われています。

VRは、「「Virtual Reality」の略であり、「仮想現実」と訳されています。ゴーグルや、スマートフォンアプリで仮想空間を体験するものですが、コンピューターで作られているとはわかっていても、体験すると現実の感覚と混同してしまいます。

施工中の物件の出来上がりのイメージを共有したり、内覧をVRで行う試みがおこなわれています。

ARは「Augumented Reality」の略であり、「拡張現実」と訳されています。ポケモンGOのようにスマートフォンのカメラを使って、仮想と現実を重ね合わせたものです。

現実の空間にインテリアを配置したり、建築現場で使われるようになってきています。

MRは「Mixed Reality」の略で、「複合現実」と訳されています。医療業界で手術のシミュレーションに使われたり、自動車の設計に使われたりしています。自動車の設計時に原寸大で作られていたモックアップを3次元に置き換えたと考えるといいかもしれません。