2020.11.16 新しいモビリティサービス

株式会社NearMeと三菱地所株式会社が、コロナ禍での「アシ」となるサービスの実証実験を開始しました。

対象は、①中央区・江東区、②目黒区・世田谷区・渋谷区内に住んでいる「三菱地所のレジデンスクラブ」会員などで、各エリア先着約500名です。

NearMe社は、AIを活用した自宅から空港、ゴルフ場へのドアtoドアの送迎サービスやタクシーの相乗りサービスを始めています。

今回は、自宅から職場、買い物先までタウン内で事業化を目指してニーズや効果の検証を行うとしています。

記事によると、AIが複数人の輸送に最も効率的なルートを選択するため、通常のタクシーよりも低価格で利用できるとのことです。

オンディマンド型ということなので、通常のタクシーとの差別化は相乗りすることで料金がシェアできるということになります。

実証実験の結果を待ちたいと思います。

参考

NearMeと三菱地所、都市型MaaSの実証実験を本日より開始 PR TIMES

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000031733.html