2019.12.29 贈与 その3

贈与税の特例以外の贈与の方法として、①暦年贈与と②相続時精算課税制度があります。

①暦年贈与とは

1月1日から12月31日の期間の贈与額の合計から110万円を控除する制度です。受贈者(贈与を受け取る人)が相続時精算課税の申請をしない場合は、暦年課税を選択することになります。

メリット 

・相続財産を減らすことができます。

  ・誰に何度でも贈与することができる。

 デメリット

  ・毎年、決まった額を贈与し続けると定期贈与とみなされ110万円の控除が無くなる場合がある。

  ・死亡前の3年以内の贈与は相続税の対象となります。   

 弊社では、ある条件のもと最適な贈与税額をシミュレーションすることができます。

 詳しいことをお知りになりたい場合は、無料相談窓口からご連絡ください。